第二新卒・20代の転職入門

【1分で解決】20代のキャリアの悩みと解決策

2021年8月24日

キャリアチェンジ

この記事で解決できるお悩み

  • 20代で転職したいけど迷っている
  • キャリアに悩んでいる
  • 転職活動をしているがうまくいかない
レイ先輩
こんな悩みを解決する記事を書きました!

僕は、第二新卒で初めて転職、合計5回の転職を経て現在は某上場企業にて働いていますが20代の転職が一番悩みました。なぜなら当時はキャリアプランが曖昧、スキル・経験がない(と思っていた)、転職活動の方法が分からなかったからです。

そんな僕のこれまでの経験を踏まえて、記事前半では『転職にあたっての悩みとその解決策』について、記事後半では『転職を成功させるために必要な条件』について解説していきます。

気になった部分だけ、目次から選んで読むこともできますよ。

「転職したいけど・・・」と迷ったらまずやるべきこと

よくある悩みと解決策についてお話する前に転職に悩んだらまずやってほしいことがあります。

それは転職エージェントへの相談です。

今転職すべきか否か、転職するにしてもどういう会社がいいのか・・・など一人で悩んでいるとどんどんネガティブな思考に引っ張られて精神衛生上良くない可能性があるからです。

またキャリア相談だけでなく転職活動のサポートもしてくれるので効率的に転職活動を進めることができるので、転職初心者や働きながら転職予定の方はまずエージェントへの登録をおすすめします!

5回の転職を経験した僕が20代におすすめしたい転職エージェント

会社研究セミナーが受けられる「いい就活ドットコム」

特に第二新卒の方におすすめなのが『いい就活ドットコム』です。若年層に特化し正社員求人を紹介してくれます。経営ビジョンや実際に働いている社員の声を聞けるセミナーが受けられるので転職初心者にとっても志望企業のイメージが掴みやすいでしょう。

いい就職ドットコム 公式へ ≫

業界トップクラスの求人数を誇る「リクルートエージェント」

リクルートエージェント』は、一般サイトに公開されていない非公開求人が10万件以上あり、希望や経験に適した求人を数多く紹介してくれます。沢山の求人を紹介してくれるのは良し悪しありますが、気になる・気にならないを選別する過程で自分の転職の軸が明確になりました。

リクルートエージェント 公式へ ≫

20代からの信頼No.1「マイナビエージェント」

サポートという観点では『マイナビエージェント』がおすすめです。不安や悩みを抱えがちな初めての転職、20代の転職に対してもキャリアアドバイザーが二人三脚でサポートしてくれました。

マイナビエージェント 公式へ ≫

転職する準備

20代の転職でよくある悩みとその解決策

20代が抱えがちな悩みと解決策について『転職活動を始める前』と『転職活動中』に分けて解説していきます。

悩み1つにつき約1分程度で読めるので気になるところから確認してみてください。

転職活動を始める前によくある悩み

まずは僕が初めて転職活動をする前に悩んだことについて説明していきます。

  • そもそも今転職すべきか分からない
  • 転職しやすい時期ってあるの?
  • 転職活動をしても会社にばれない?
  • スキルや経験がなくても転職できる?
  • 20代前半の転職は在籍期間が短いとみなされない?
  • 転職回数が多くても問題ない?

そもそも今転職すべきか分からない

このような悩みを抱える方は、転職したい具体的な理由があるというよりも、現職の仕事内容や環境に対して何かモヤモヤする感情を抱いているケースが多いです。

僕の場合、初めて「転職したいなあ・・・」と思ったきっかけは「この会社でずっと働いていて自分の市場価値は大丈夫かな?」という漠然とした不安でした。

このモヤモヤは「なぜ転職したいのか」「なぜその思いを感じているのか」といった気持ちを整理していくことによって晴れましたが、結構な時間をモヤモヤしたまま過ごしてしまって勿体なかったなあと後悔しています。

したがって同じように悩んでいる方には、「多角的に」「深く」自分の考えなどを整理する自己分析をおすすめしています!

やり方が分からない方は『第二新卒の転職は「自己分析」が鍵!転職成功に導くやり方とは?』で詳しく解説しているので、併せて読んでみてください。

転職しやすい時期ってあるの?

狙い目は「1~3月」か「7~9月」です。

なぜなら、4月入社ないし10月入社に向けて募集が多くなるからです。転職活動期間は3~7ヶ月なので、「1~3月」の場合は12月、「7~9月」の場合は6月には転職活動を始められると良いでしょう。

とはいえ、現職のボーナスや有給なども大きく関わってくるため、自分にとって最適なタイミングで始めるのが良いでしょう。そのため、上記で記載した期間はあくまでも目安として考えてみてください。

参考記事:第二新卒は「転職時期」と「準備」が超重要!

転職活動をしても会社にばれない?

転職活動が現職にバレてしまうことで、転職しづらくなったり引き止められて転職できなくなったりすることもあります。

バレてしまう理由として、同僚に相談するなどうっかり話してしまうことや選考用の服装で出勤して違和感を感じさせてしまうことが挙げられます。

もしバレたくないのであれば、転職に関することは一切口外しないようにしましょう。また、勤務日などに面接日時を設定しないようにするほか服装に注意するようにして下さい。

 スキルや経験がなくても転職できる?

20代であれば可能です!

なぜなら、20代(特に第二新卒まで)であれば即戦力としてではなく、ポテンシャルや企業とのマッチ度が見られるケースが多いからです。

ただこれまでの業務を通じて何も得ていない、なんてことはないと思います。(もし何もなければ書類や面接で問われ志望動機や自己アピールなどで苦戦する可能性大です)

これまでの経験の棚卸しをして『何ができるのか?』を言語化するようにしましょう。

参考記事:転職したいけどスキルがない20代がすべき3つのこと

20代前半の転職は在籍期間が短いとみなされない?

在籍期間が短いと見なされる恐れもありますが、重要なのは期間より中身なので問題ないです。

なぜなら、実際に3人に1人が退職しているからです。在籍期間が転職やその後のキャリアに悪影響を与える可能性が高かったら3人に1人が転職するという結果にはならないと思います。※厚生労働省:新規学校卒業就職者の在籍期間別離職状況(令和2年度)より

また、売り手市場で新卒をなかなか採用できないといったことから第二新卒が人気を集めていたり、柔軟でありフレキシビリティな人=適応する能力がある人だと思われたりするといった、第二新卒にしかない強みもあります。

第二新卒での転職におけるメリット・デメリットに関しては『第二新卒のメリットとデメリット!転職者と採用側の両方の視点で解説」』で詳しく説明しているので、気になる方は読んでみてください。

転職回数が多くても問題ない?

僕は20代の内に2回転職しているのですが、転職回数が多いとみなされないか心配になりました。結論からいうと問題なかったです。

また、実際にリクナビNEXTの調査によると20代の平均転職回数は1~2回といった結果が出ています。終身雇用制度も崩れていることから分かるように、転職が珍しい時代ではないようです。

転職してみて、重要なのは転職回数や在籍期間よりも「今まで経験してきた仕事=中身」だと思いました。

とはいえ、不平不満があるたびに転職をしてしまうのは「逃げ癖がある」とみなされるほか、あまり良い転職とは言い難いです。まずはそのような悪い転職になってしないか自分自身に問いかけてみましょう。

参考記事①:転職回数が多いのは平気?平均回数や繰り返すデメリットとは
参考記事②:20代で2回目の転職を成功させるには?第二新卒で大手への転職も可能?

転職活動中によくある悩み

続いて、下記の転職活動中の悩みとその解決策について説明していきます。

  • 転職サイトと転職エージェントは何が違うの?
  • 未経験の仕事にチャレンジできる?
  • 転職後に人間関係に悩んだらどうしよう
  • 転職理由がネガティブでも問題ない?
  • 忙しくて転職活動が進まない
  • なかなか内定がもらえない

 転職サイトと転職エージェントは何が違うの?

転職サイトは数多くの求人が紹介されているサイトで、気になる企業へ自身で応募し選考を進めていくものです。多くの求人が掲載されていることや、自分のペースで転職活動をしやすいことがメリットとして挙げられます。

しかし、転職サイトは求人を探すサイトであるため転職に必要な書類作成、面接対策、日程調整、入社日交渉などを一人で行わなければいけないため、転職初心者には転職サイトだけを利用した転職活動はおすすめしません。また、非公開求人もあるため全ての求人をチェックできるというわけではないという点も注意すべきです。

一方で、転職エージェントとは企業と転職者の間に立ち転職をサポートしてくれるサービスです。

キャリア相談、書類の添削や面接対策、日程調整などのサポートをしてくれるので、転職エージェントを活用することで効率的に転職活動を進めることができます。また、非公開求人となっている企業の情報を公開してくれるため、企業選びの選択肢が増える他、企業に対して推薦してくれるので選考の通過率が高くなると思いました。

双方にいいところがあるので、僕は転職サイトと転職エージェントの療法を使うことをおすすめしています。

参考記事①:第二新卒におすすめの転職エージェント!ランキング形式で比較
参考記事②:【第二新卒】おすすめの転職サイト7選を求人数や特徴から徹底比較

未経験の仕事にチャレンジできる?

即戦力が求められる30代以降と比較し、20代はポテンシャルへの比重が高いため未経験の仕事にもチャレンジしやすいと言われています。

僕は20代と30代それぞれで未経験の仕事に応募しましたが、20代では内定がもらえ、30代では不採用でした。やはり30代になると格段に難易度が上がっていると感じました。

ちなみに、未経験でも転職しやすい職種は「営業職」「技能工・設備・交通・運輸職」「事務職」といった結果が出てします。(リクナビNEXTを参考に、職種別に「未経験歓迎求人数」をカウント)

一方で「やってみたい仕事」「憧れの仕事」はイメージが先行しやすいため、転職後に「思っていた仕事と違う」と後悔する可能性もあります。しっかりと情報収集をして解像度を高める必要性もあります。

参考記事:【20代向け】未経験の求人に応募するとき職務経歴書の自己PRは何を書く?

 転職後に人間関係に悩んだらどうしよう

仕事において人間関係の悩みは付き物と言っても過言ではありません。そのため、転職後に人間関係に悩んでしまうこともあるでしょう。

こういった悩みを避けるためには、まず最低限どういった環境で自身の力を発揮できるのか否かを抑えておくようにして下さい。それに沿って志望企業の社風を調べてそして質問できるように準備しておくと良いです。

しかし、人間関係については実際に働いてみないと分からない問題でもあるため心配しすぎても仕方ありません。ある程度なんとかしようとする気持ちも大切です。

転職理由がネガティブでも問題ない?

現職に何かしら不満があって転職する人が大半だと思うので過度に心配する必要はありませんが、企業に対して伝える転職理由はポジティブに変換するようにしましょう。

なぜなら企業側からは「トラブルを抱えるとすぐに逃げてしまう人」「自身に合わない環境だと退職してしまう人」といった印象を持たれてしまうからです。例えば、人間関係のストレスで退職を希望するのであれば、人間関係をより重要視していることをアピールできるよう「チームワークを大事にして仕事に挑みたい」などといった理由にしても良いでしょう。

ネガティブな出来事がきっかけとなるのはあるあるですが、転職後に何を叶えたいのかといった転職の目的を明確にしていないと、転職しても同じように不満を抱える可能性もあるので注意してください。

参考記事①:第二新卒の面接は転職理由が重要!よくある質問と回答例
参考記事②:【20代向け】人間関係が理由で転職するときに知っておきたいこと

 忙しくて転職活動が進まない

転職エージェントを活用しましょう。

膨大な求人の中から自分にあった求人を探す、精査する、日程調整などなど転職活動でやることは沢山あります。働きながらの転職で一人ですべて対応するのは負担が大きいです。

かといって、退職をしてから転職活動することで収入がなく金銭面的な焦りから適当な会社に入社しミスマッチを起こしてしまう可能性が考えられます。そのほか、経歴にブランクが出ることで企業側からあまり良いイメージを抱かれないといった場合もあります。

転職活動にかける時間を減らすことができるので、まず転職エージェントを活用をおすすめします。その他、「転職活動に必要な時間を確保すること」「引き継ぎの準備は早めにしておくこと」も大切です。詳細は『働きながら転職はしんどい?時間がない・辛い人にオススメの手法とは』をご確認ください。

なかなか内定がもらえない

一番の対策は気にしないことです。

なぜなら、とても優秀な候補者であっても選考に落ちてしまうことはよくあるからです。落ち込んだり、自信をなくしたりするとその後の面接にも悪影響を及ぼしす可能性や、焦りから条件を下げてしまって転職後に苦労する可能性があるからです。

ただし、あまりに落ち続けている場合は、「応募する業界や会社が適していない」「自己PRが具体的ではない」「面接の受け答えが良くない」可能性があります。第三者(転職のプロであるエージェントがおすすめ)と「なぜ内定がもらえないのか?」を分析するようにしましょう。

書面

20代で転職に成功するための必須条件

上記章でも挙げてきた「20代の転職でよくある悩み」を解決して転職成功させるためには、いくつかの必須条件があります。

下記からは「実務経験や転職への希望などを自己分析で棚卸し」「転職成功の基準を決める」「応募する企業や業界について綿密に研究」「書類・面接対策で自分をアピール」「転職の悩みやスケジュールを相談できる相手」といった5つの内容を説明していきます。

悩んでいる方は、しっかりと読み進めてみて下さい。

実務経験や転職への希望などを自己分析で棚卸し

転職活動は「自己分析→情報収集→応募→面接→内定」の5つに分けて進めていきます。この流れを見て分かるように転職には自己分析が必須であり、これができていないと転職成功の基準も決まりません。

基本的に自己分析は自分のスキルや経験、これからを整理していくものです。これらをしっかりと整理し企業にアピールする必要があります。

「いつ」「どういう状況で」「何をしたか」「その理由」という観点で、1〜3ヶ月ごとに自分の経験を書き起こしていきましょう。ここでは客観的な評価に繋がる内容もメモしておいて下さい。また、未来の理想像についても具体的に考えていくことが大切です。

参考記事:【20代】転職の進め方!転職を成功させるために必要な◯◯

 転職成功の基準を決める

転職活動がうまく進められないといった不安や焦りから、妥協してしまう方もいます。しかしそうすることで転職後に「思っていた会社ではなかった」と転職に後悔してしまう可能性も考えられます。

後悔しないためにも、まずは、「転職の目的(転職によって何を実現したいのか)」「転職のゴール(転職によってクリアしたいこととその水準)」を設定することが大切です。

具体的には「年収を上げたい」「残業を減らしたい」「新しい職種にチャレンジしたい」などといった内容が挙げられると思います。そういった項目を書き出し、そのなかでも特に譲れない項目やそのレベルを整理していきましょう。

 応募する企業や業界について綿密に研究

自己分析で自分と見つめ合い整理できたら、それらの希望などに沿って企業や業界の情報収集を行います。

ここでの情報収集を怠ってしまうと、入社後にギャップを感じるといったミスマッチを起こし、再度転職しなければいけない状況になりかねません。しかし、しっかりと業界について知ったり企業研究を行ったりすることで選考通過率を高められると言えます。

基本的には「やりたいこと、できることの両方を満たす業界や会社を探す」「転職サイトや求人情報を通して、業務内容や業務形態など具体的な仕事のイメージを掴む」といった2点を意識して情報収集して下さい。

転職サイトの求人一覧を全てチェックし気になったものをリストアップする方法や、公式サイトや募集要項のほか口コミ・評判サイトをチェックしてみることもおすすめです。

参考記事:【20代】転職の進め方!転職を成功させるために必要な◯◯

書類・面接対策で自分をアピール

自己分析や情報収集ができたら、自分という人間を企業にアピールできるような書類作成や面接対策をしていきます。とはいえその内容に迷う方もいると思います。

一般的には社会人として働いてきた中で「自分は何ができる人なのか」また「その再現性」がとても重要になってきます。

面接官は相手がどのような価値観を大切にしていて、それを自社で実現できるのかどうかを退職理由などから判断しています。そのため、退職理由と志望動機の一貫性がある書き方や伝え方をしましょう。

また、面接で説明する項目は「今まで何をやってきたか」「5年〜10年と長期的に見て何していきたいか」「募集職種の中で自分には何ができるか、どのように貢献できるか」といった3つに分けられます。

こういった3つを意識して面接対策をしてみて下さい。

参考記事①:第二新卒の転職は志望動機で決まる!書き方と例文付
参考記事②:【例文付】第二新卒が自己PRするときの考え方・書き方
参考記事③:第二新卒の面接は転職理由が重要!よくある質問と回答例
参考記事④:職務経歴書に退職理由は書かない方がいい?書き方のポイントは?

転職の悩みやスケジュールを相談できる相手

転職活動をしている方の中には、転職先が決まる前に退職したいけれどなかなか決まらず経済的に厳しいといった方や、書類や面接などの選考が通らず内定を貰えないという方もいるでしょう。

こういった悩みを抱えながら転職活動をすると、どうしても焦りや不安が前面に出て転職失敗に繋がりやすいと言えます。

また、そのほかにも現職が忙しく転職活動がうまく進められないこともよくあります。

このような場合は、悩みを聞いてくれるだけでなくスケジュールを管理したり転職に関するノウハウを教えてくれたりする人がいると転職を有利にそしてスムーズに進められるでしょう。

転職 1人

転職活動で失敗しやすいのは「自己流」「一人」の転職活動

え!一人で転職活動すると失敗しやすいって本当ですか?
転職者さん
レイ先輩
残念ながら本当なんだよ。

上記の章では成功のために必須な条件を解説していきました。しかし、それを守っていれば必ず成功するとは言い切れません。なぜなら転職活動は「自己流で行う」「一人で行う」と失敗しやすいからです。

それにはいくつかの理由があります。

一般的に転職は、企業や面接官などの視点から自分を見て、強みや弱みを考えたり今まで行ってきたことを説明したりしなければいけません。しかし、どうしても客観的な視点で自分を見て、魅力的な自己PRや志望動機を考えることは難しいのです。

また、面接においても「何がどう良かったのか」「悪かったのか」を自分自身で振り返ることは難しく、同じ過ちを繰り返してしまうことで選考に通過できないことも考えられます。

さらに、転職サイトを見て応募する場合、その数にも限界がありせっかくのチャンスを取りこぼす可能性もあるでしょう。

そのほか、現職が忙しく書類作成や面接対策などに十分に時間を費やすことができなかったり、内定後も給与面等で企業と交渉できなかったりといったことが生じることもあります。

内定

転職失敗を避けたい20代は、プロの力を借りて有利に転職しよう

転職に失敗したくないな。
転職者さん
レイ先輩
それならプロの力を借りてごらん!

労力をかけ転職するにもかかわらず「失敗してしまった」という事態は何としてでも防ぎたいですよね。しかし上述したように「自己流」「一人」は危険です。

20代で失敗を避けるためには、プロの力=転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

転職エージェントを使う3つのメリット

転職エージェントにはいくつかのメリットがあります。

1つ目は転職エージェントはそういった非公開求人の応募が可能であることです。よく転職サイトなどで求人を確認する方も多いですが実は公開されていない求人も多くあります。転職エージェントを使うことで選択肢が増え、必然的にチャンスが広がります。

2つ目は適切な求人紹介をしてくれることです。転職活動ではどのような企業が適切なのか分からず悩んでしまうこともあるでしょう。そういった場合においても経歴やスキル、そして転職者の強みや理想像などを聞いた上で適した求人を紹介してくれるため、転職満足度も高まります。

3つ目は書類添削や面接対策のアドバイス、面接後のフォローといった対応も行ってくれることです。これにより選考の通過率が上がる可能性が高いです。

転職エージェントを使うなら、20代に合ったエージェントを選ぶべき

転職エージェントと言っても全てのサービスが同じではありません。IT系の求人が多い転職エージェントや、30代向けの転職エージェント、ハイクラス向けの転職エージェントなど、様々な種類に分けられます。

そして若年層向けや20代に特化したエージェントもあります。

こういった20代に特化したエージェントであれば、20代の採用意欲が高く選考に通りやすい企業が多かったり、20代の育成に力を入れている企業を紹介してくれたりします。

さらに、20代向けの転職指導を多く経験しているため、適したサポートが受けられます。

20代におすすめの転職エージェント

上記内容からも20代に適した転職エージェントの活用が良いことは理解できたと思います。

しかし、具体的にどのようなエージェントが20代に適しているサービスなのでしょうか?また適したサービスだけでなく、多くの利用者から信頼されているサービスを利用したいですよね。

下記からは20代におすすめの3つの転職エージェントを紹介していきます。参考記事においても、ランキング形式でエージェントを紹介しているためこちらもチェックしてみて下さいね。

参考記事:第二新卒におすすめの転職エージェント!ランキング形式で比較

いい就活ドットコム

ブラッシュアップ・ジャパン株式会社が運営しているいい就活ドットコムは、登録者数20万人の第二新卒・既卒専門の正社員就支援サービスです。

求人企業の社長や社員が会社研究セミナーを行ってくれたり模擬面接を行ってくれたりと、転職や就職を全面的にサポートしてくれます。

また、エンジニアや企画といった人気の職種や上場企業、ベンチャー企業の求人など、ひとりひとりにマッチした会社を提案してくれます。そのため初めての転職でも安心です。

いい就職ドットコム 公式へ ≫

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、一般求人サイトに掲載されていない非公開求人が10万件以上あり、その数は国内最大級だと言われています。また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、書類添削や面接対策、独自に分析した企業情報の提供などを行ってくれるのです。

こういったことから利用者からの信頼度も高く、転職支援実績No.1を誇っています。

リクルートエージェント 公式へ ≫

マイナビエージェント

「各業界に精通したプロフェッショナル力」「他社にはないマッチング力」「転職活動のトータルサポート」といった3つを強みとしているマイナビエージェントは、登録から内定・入社・アフターフォローまで支援してくれる転職・就職サポートサービスです。

また、一般的な転職期間は1〜2ヶ月と言われていますが、ひとりひとりのペースに合わせて進めてくれる点も魅力的です。

マイナビエージェント 公式へ ≫

まとめ

まとめ

今回は、若手キャリアの悩みとその解決法について詳しく解説していきました。いかがでしたでしょうか?

転職活動を始める時、求人を探して応募する時、面接対策する時などさまざまな場面で悩むことがあるはずです。しかし、転職成功させるために、本記事で解説してきたいくつかのポイントを抑えておくことで、悩みや不安を感じることなく転職活動を進められるかもしれません。

また、それでも難しい方や失敗を避けたい場合は、転職のプロである転職エージェントの力を借りてみましょう。

ぜひ記事内でも紹介した20代におすすめのエージェントを活用してみて下さいね。

この記事のまとめ

20代で転職に成功するために必須の5つの条件がある
自己流や一人での転職活動は失敗しやすい
転職失敗を避けるには転職エージェントの活用がおすすめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
レイ

6社目のレイ

第二新卒で初めて転職し、某上場企業で働く30代。気がつけば6社目。毎回転職を成功させてきた、と言うと聞こえはいいが、本人は「失敗が自分を育てた」と考えている。 →レイのプロフィール

-第二新卒・20代の転職入門

Copyright© 転職パイセン , 2022 All Rights Reserved.