第二新卒・20代の転職入門

転職回数が多いのは平気?平均回数や繰り返すデメリットとは

デメリット

こんにちは!転職パイセンのスシマルです!

若者の3年以内の離職率が3割程度と言われる現代ですが、何らかの理由により転職を繰り返している方もいます。「会社の方針に合わなかった」「人間関係で悩んでしまった」「現職よりもっと上のレベルで働きたい」など理由はさまざまでしょう。

しかし、転職回数が多いことで、次の転職が不利になってしまう可能性もあると言われています。その噂は本当なのでしょうか?

今回は転職回数について詳しく解説していきます。

また、転職回数の平均はどれくらいなのか、転職を繰り返すデメリットはあるのかといったことにも触れているため、悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

僕、今の会社を退職してまた新しいチャレンジがしたいんです。
転職者さん
でも次で3回目の転職なので印象良く無いですよね。
転職者さん
スシマル先輩
そうなんだ!でもステップアップしたいのであれば転職すべきだよ。
スシマル先輩
それも踏まえて色々教えていくね!

こんな方におすすめ!

転職回数が多いことは心配だけれど転職したいと悩んでいる方
転職回数が今後の転職に不利にならないか心配な方
転職回数が多いと感じているけれど一般的に多いと言われる回数はどれくらいなのか知りたい方

目次はこちらです。気になったところから読んでいっても大丈夫です。

転職回数の多くて心配・・・転職は問題ない?

20代で転職3回目ってヤバイのかなぁ。
転職者さん

20代で転職の回数が多く不安に感じている方もいるでしょう。本章は、本記事で大事な部分を要約しています。

それぞれの章で、より詳しく解説しているため、気になる部分は合わせて目を通してみて下さいね。

20代の3人に1人は転職経験あり

そもそも「転職=忍耐力がないと思われるのでは?」と感じている方もいるでしょう。しかし、現代は20代の3人に1人転職経験があると言われており、リクナビNEXTの調査によると20代の平均転職回数は1~2回といった結果も出ています。

詳しい内容については2章をチェックしてみて下さい。

転職回数よりも大切な●●

現代は終身雇用制度も崩れているため、転職が特別な時代ではありません。また、転職回数が多くても「何を考え転職に至ったのか」という部分がしっかりと説明できることで企業へのアピールもできるでしょう。

さらに今までの経験からきちんと学べていることで、引き出しの多い人材だと判断してもらえることもあります。

要するに転職回数や在籍期間よりも、「今まで経験した仕事=中身」が大切だと言えるのです。

詳しい内容については3章をチェックしてみて下さい。

転職回数が多い人が意識すべきこと

転職回数が多いことでマイナスのイメージを持たれてしまうのではと懸念する声も少なくありません。

しかし、「筋が通っている転職であったように見える」といったことを意識して進めていくことでマイナスがプラスに変わることもあるのです。

特に「退職理由をしっかり説明できること」「再現性のある実績があること」「過去の転職先選びに一貫した理由があること」の3つを意識するようにしましょう。

これらの詳しい内容については4章をチェックしてみて下さい。

採用を勝ち取るために必要なこととは?!

採用を勝ち取るためには「自分の市場価値を理解すること」や「自分の弱み・強み、自己PRを企業目線で整理すること」だと言えます。

これらはミイダスやAMBIといったサービスの利用がおすすめです。こういったサービスを利用することで、自身の市場価値が分かるだけでなく、自分の足りない部分を知ることができるからです。

しかし、転職は何かと時間がかかる上、転職回数が多いことを不安に感じているためなかなか進められないという方もいるでしょう。

そこでおすすめなのが転職エージェントの活用です。

詳しい内容については5章をチェックしてみて下さい。

転職エージェントの活用をおすすめする理由

転職エージェントは、キャリアプラン作りや履歴書・職務経歴書の添削、転職戦略などについてサポートしてくれます。そのほか面接の日程調整や年収交渉といった自身では難しい交渉も行ってくれるのです。

そのため転職回数が多い方も回数などを不安に感じ過ぎる必要はなく、よりスムーズに転職活動を進められます。

下記で20代におすすめの転職エージェントも紹介します。6章ではより詳しく説明しているので、目を通してみて下さい。

dodaエージェント

電話やメール、LINEも活用しながら「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」が転職活動を最後までサポートしてくれます。

doda 公式へ ≫

第二新卒エージェントneo(ネオキャリア)

ひとりひとりに合わせた自己PRや志望動機を作成し、選考通過率をアップさせてくれるエージェントです。

第二新卒エージェントneo 公式へ ≫

マイナビジョブ20's アドバンス

適正診断をもとにキャリアカウンセリングを行ってくれます。

マイナビジョブ20’sアドバンス 公式へ ≫

回数

転職回数が多いと、転職で不利になることも

やっぱり不利になることがあるんだ・・
転職者さん
スシマル先輩
残念だけれどマイナスに思われることもあるよ。

転職回数が多いと、不利になったりマイナスになってしまったりすることも考えられます。

特に20代で複数回の転職経験があると「離職リスクが高い」と思われてしまうケースもあるのです。

本章ではそういったマイナス面について詳しく解説していきます。

企業は、離職するリスクがある人の採用を避ける傾向

転職者に求めることは、企業や募集職種ごとに違いがあります。しかし「長く活躍してくれる人材を求めている」といった点はどの企業にも共通していることでしょう。

その背景にあるものとしてコストが挙げられます。やはり採用にはお金がかかり、さらには実際に採用をして働いてもらうにあたって育成コストもかかります。そのため早期退職されてしまってはそのコストを回収できないのです。

20代で転職回数が多いということは在籍期間が短い、つまりすぐ辞めてしまう可能性があるというイメージを持たれるため、転職に不利というイメージに繋がっていると言えます。

20代で複数回の転職経験があると、離職リスクが高いと思われることも

20代で複数回の転職経験は、離職リスクが高いと思われてしまうこともあります。

ここからはその理由や20代の平均転職回数について説明していきます。

20代の平均転職回数は1~2回

2017年1月〜6月までに新規登録した会員データを年代別で見て調査を行ったリクナビNEXTによると、30代では全体の半分以上の方が転職を経験していて、約3割の方が2回以上の転職経験があるといった結果になっています。40代、50代とその割合は少しずつ増えていき、4割〜5割の方が2回以上の転職を経験しているといった結果が分かります。

気になる20代ですが、30代以降よりは少ないものの、約1〜2回の転職回数が平均と言えます。

調査結果:リクナビNEXT「転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態」

転職回数が多いと、離職リスクが高いと思われる理由は?

パワーハラスメントなどネガティブな理由での転職が続いているケースもあるでしょう。この場合、働いた全ての企業でパワーハラスメントを受ける可能性は極めて考えにくく、本人が過剰に反応しているだけではないのかといった懸念を持たれてしまう可能性もあります。これが、過剰反応ではなかったとしても事前にパワーハラスメントがあるかどうかをしっかり確認できていないと判断され、業務でも確認ができずミスが多い人という印象を与えてしまう恐れもあります。

一方でスキルアップなどポジティブな理由で転職している場合でも、懸念を持たれる場合もあります。

基本的にはスキル習得には一定の時間がかかるはずです。しかし転職を繰り返している場合、スキルに関する自己評価が甘すぎると思われる可能性があるのです。

罰印

「転職に不利=転職できない」ということではない

スシマル先輩
不利と言っても転職ができないわけではないよ。
少し安心しました。
転職者さん

転職回数が多いと、転職で不利になることもあると解説していきました。だからと言って、転職ができないということではないので安心して下さい。

本章では転職回数よりも重要なことについて詳しく解説していきます。

大切なのは転職回数や在籍期間ではない

石の上にも3年という考え方もありますが、現代は終身雇用制度も崩れているため転職が特別な時代ではありません。

上記で解説したように調査した結果によると、20代の転職は1〜2回程度が一般的です。しかし、短期離職に見られないため無理に在籍期間を伸ばす必要はないと言えます。重要なことは在籍期間や回数ではなく、仕事の中身です。つまり「何を考え転職をしたのか」という部分なのです。

自分の実力を十分に発揮できない環境で働き続けるよりも、能動的に働ける環境にシフトするほうが生産的だと考えられます。

仕事でしっかり学べていれば、転職回数も武器になる

転職回数が多い人は、色々な種類の仕事を経験していたり業務に対する進め方の違いを理解していたりします。「引き出しが多い人」ということになるため、面接官や上司から見ると魅力的な人材だと言えます。

転職を繰り返していると、短期離職の弱点ばかりが気になってしまうかもしれませんが、転職回数が多いことの強みもしっかり理解しておくことが大切です。

条件

転職回数が多い人が、転職に成功するための必須条件

スシマル先輩
転職を成功させるための条件を知っておくと良いよ!
はい!しっかりメモしておきます!
転職者さん

説明してきたように、転職回数が多くても転職ができないわけではありません。しかし、転職回数が多いということは事実です。そのため企業側は、「自社でも短期離職する可能性があるのではないか」と危惧します。こういった心配や不安から、「意味のある転職だったのかどうか」という点の見極めを慎重に行うでしょう。

この対策として「筋が通っている転職であったように見せる」ことを意識して書類作成や面接練習をしていくようにして下さい。

本章では転職回数の多い人が、転職に成功するための3つの必須条件について説明していきます。

条件①退職理由をしっかり説明できること

職務経歴書のフォーマットは自由な場合がほとんどなので、退職理由を書く必要はありません。しかし、転職回数が多い場合、「なぜ退職したのか」という理由を会社ごとに記載しておいた方が良いでしょう。

上記でも説明した通り、採用や育成にはコストがかかります。そのため、「長く活躍してくれるのか」「自社で短期離職をしないか」といった点を見られているのです。そのため企業側は、意味のある転職であるかどうかを見極める必要があり、退職理由はその判断軸のひとつとなります。

「なぜ短期で離職するに至ったのか」を相手が納得できるような内容で記述していきましょう。

参考記事:職務経歴書に退職理由は書かない方がいい?書き方のポイントは?

条件②再現性のある実績があること

企業は「転職者が何ができる人で、それをどう自社で再現してくれるのか」を知りたいと思っています。ここで言う「何ができるのか」に対して「社内で評価されたこと」が実績だと考えがちです。しかし、今の会社での評価軸と転職先の評価軸は異なるため、社内の評価は求められていません。

基本的には、その実績を出すために何を考えどのように実行したのか、それを意図的に行っていたのかといった点が重要なポイントになってきます。「偶然できた」ような成果では、今後再現は出来ないからです。

企業側もただ言われたことをこなした3年間より、目的を持って過ごした1年のほうが価値ある期間だと評価するはずです。

参考記事:第二新卒の職務経歴書【書き方のコツ・テンプレート付】

条件③過去の転職先選びに、一貫した理由があること

退職理由や実績を踏まえた上で、なぜこの業界や職種、そして会社を選択したのかといった部分が非常に重要です。そのため、キャリアプランの一貫性を考えるようにしましょう。

業種や職種がバラバラだと、一貫性がないのでは?と心配になる方もいるはずです。しかし、「コミュニケーションを大切にしている仕事」「多くの方に寄り添える仕事や環境」といったように、自分が大切にしている軸に基づいた選択をしていると伝えることで一貫性を伝えられるでしょう。

詳しい内容については下記参考記事に目を通してみて下さい。

参考記事①:第二新卒の転職は志望動機で決まる!書き方と例文付
参考記事②:【20代向け】志望動機と自己PRがかぶる!転職活動に困ったら・・・

課題

転職回数が多い人が、転職で直面する課題は?

自分自身の強みって何なのかな。
転職者さん
スシマル先輩
お!悩んでいるみたいだね。

転職回数が多い人の特徴として、「自分の市場価値を正しく理解できていない」ことや「自分の弱み・強み、自己PRを企業目線で整理できてない」ことが挙げられます。

転職には「自己分析」が重要です。自分を深掘りできていないと、企業とのミスマッチも起こしやすく転職回数を増やしてしまう原因にもなるでしょう。
また、合わせて「企業分析」や「企業目線」で考えることも大切です。

本章では、転職回数の多い人が転職で直面する課題について詳しく解説していきます。

自分の市場価値を正しく理解していない

今まで、戦略を立てることなく転職を繰り返してしまった方もいるのではないでしょうか?

自分自身の実力を発揮出来ないような環境でくすぶることは良くないけれど、同じ失敗を繰り返してしまうことはさらに良くないことです。

こういった失敗を繰り返さないためにも、まずは現状の自分の市場価値=現在の位置を知るところから始めましょう。そうすることで「自分のなりたい姿に対して何が足りていないのか」を理解し補うこともできるはずです。

市場価値を知る2つの方法について、下記で解説していきます。

①市場価値を図れるサービスを利用する
【ミイダス:https://miidas.jp/

転職アプリ”ミイダス”は、経験やスキル、経歴などを通して現在の市場価値をデータで分析してくれます。そのデータなどを見た上で、企業から直接面接確約オファーが届くのです。

また、全部で7万人の転職データを公開していることから、自身と同じ経歴の方がどういった企業に転職したのか分かる仕組みになっている点も大きな特徴です。

さらに「市場価値診断」のほか「コンピテンシー(行動特性)診断」「パーソナリティ診断」といった診断コンテンツを無料で活用できるのが嬉しいポイントと言えます。

ミイダスを利用する優良求人は281,000社にもおよぶため、求人数が多い点も魅力的です。

【AMBI:https://en-ambi.com/

エン・ジャパン株式会社が運営するAMBIは、年収500万円以上の案件が多数ある若手ハイキャリアのための転職サイトです。高いポテンシャルを持つ若年層をターゲットにしています。

求人のラインナップも多く、レベルの高い企業への転職も可能です。

AMBIの大きな特徴として、職務経歴書をもとに三段階評価をし、選考通過の可能性を診断する点が挙げられます。

②転職エージェントを利用する
転職プロと呼ばれる転職エージェントの利用がおすすめです。そもそも「今転職するべきなのか」「転職するために足りないスキルや経験は何か」などといったキャリアの相談に乗ってもらえます。

そのほかにも様々なメリットがありますが、それについては下記章で説明していきます。

自分の弱み・強み、自己PRを企業目線で整理できてない

本サイトの記事に目を通している方は既に理解できていると思いますが、転職は自分という商品を企業に売り込むことです。とはいえ、ただがむしゃらに自分の凄いと思う点をアピールしていけば良いわけではありません。要するに、自分の物差しで語ってはいけないということです。

まずは相手のニーズを知り、そのニーズに対してこれまでの経験やスキルから自分が会社に貢献できることをアピールする必要があります。

これらの点を意識してアピールする点を作成したとしても、相手に良いとされるものなのか反対にマイナスになってしまうのかを自分で判断するのは難しいです。そのため第三者目線で客観的にチェックしてもらうことをおすすめします。

第三者と言っても、同世代の友人や同僚である場合、採用者目線で見ることができないケースが多いため、転職エージェントの利用が良いでしょう。

パソコン

転職回数が多ければ、自己流の転職活動は避けよう

自己流は避けたほうが良いですか・・
転職者さん
スシマル先輩
そうなんだ。でもそれを知らない人も多いよ。

上述したように、「自分の市場価値を正しく理解していない」「自分の弱み・強み、自己PRを企業目線で整理できてない」ことで転職に失敗してしまうケースも少なくありません。

なかには「この2つをしっかりおさえておけば転職に成功するだろう」と考える方もいるでしょう。確かにその考えは間違いではないです。
ただし、自己流で対策することによって、間違った分析をしていたり時間がかかってしまったりとマイナスに動いてしまう可能性もあることを忘れないで下さい。

こういった状況を避けるためにも、転職エージェントというサービスの利用を推奨します。

転職エージェントは、キャリアプラン作りや転職戦略について相談に乗ってくれるほか、転職市場の最新動向・求人中の企業にも詳しいのです。また、面接予定の調整や給与の交渉において、企業との窓口を担ってくれるといったメリットもあります。

「情報のリサーチ」「選考対策」「企業との交渉」などを対応してくれるため、スムーズに転職活動を進められるのです。

転職エージェント

20代におすすめの転職エージェントとは?

エージェントを利用したいのでおすすめを教えて下さい!
転職者さん
スシマル先輩
まかせて!

転職エージェントは上記章でも解説してきたように、「書類添削」「求人紹介」「内定後の交渉」などといったあらゆるサポートを行ってくれ、利用するメリットも多数あります。

しかし、転職エージェントと言っても多くのサービスがあり、どのサービスを利用すれば良いか迷ってしまう方もいるでしょう。その場合は「求人数の多いエージェント」「専門性が高いエージェント」といった2つを意識してみると良いかもしれません。

また、エージェントごとに特徴が異なるためいくつかのサービスに登録してみることもおすすめします。そこで合う、合わないを判断してみても良いでしょう。

本章では、20代におすすめの転職エージェントを3つ紹介していきます。下記参考記事にはおすすめのエージェントをランキング形式で解説しているため、合わせてチェックしてみて下さい。

参考記事:第二新卒におすすめの転職エージェント!ランキング形式で比較

dodaエージェント

ひとりひとりに手厚いサポートを行うdodaエージェントは、日本最大級の転職エージェントサービスです。約10万件の求人情報の中から、転職市場に精通したプロたちが適切な求人を紹介してくれます。

また、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策といった選考に関わることから、面接日程調整や円満退職のノウハウまでフォローをしてくれるのです。

そのため、社会人経験の浅い20代にもおすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

doda 公式へ ≫

第二新卒エージェントneo(ネオキャリア)

第二新卒エージェントneoは、20代の若年層に特化した就活・転職支援サービスです。職務経験無しの支援実績は述べ10,000人といった人数になっています。

また、就職/転職満足度やおすすめしたいエージェント、相談のしやすさにおいてNo.1を獲得していることから、信頼性が高いと判断もできるでしょう。

実際の利用者からは、「質問等に素早く返事をもらえた」「背中を押してもらえた」といった高評価の声も非常に多いです。

第二新卒エージェントneo 公式へ ≫

マイナビジョブ20's アドバンス

マイナビジョブ’20sは、株式会社マイナビワークスが運営する既卒向け就職支援サービスです。

大きな特徴として、世界でも数千万人の求職者が受験すると言われる適正診断を元に、面接の対策ができることや自身の強みを見つめ直せる点が挙げられます。

また、最短約2週間で内定を貰えるといった実績を残していることもあり「短期間で内定をもらいたい」という方にもおすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンス 公式へ ≫

まとめ

まとめ

今回は転職回数が多い場合のデメリットや平均回数などについて詳しく解説していきました。いかがでしたでしょうか?

転職回数が多い場合、転職で不利になることがあります。
しかし、大切なのは転職回数や在籍期間ではありません。きちんと仕事を学べていることで転職回数が武器になる可能性もあるからです。

とはいえ、転職回数が多い方が自己流で転職活動を進めてしまうことで、内定が難しい可能性もあると言われています。そのため、転職回数が多く悩んでいる方は、本記事で紹介した20代におすすめの転職エージェントを活用してみて下さい。

この記事のまとめ

  1. 転職回数によって転職が不利になる可能性もある
  2. 転職に不利とはいえ転職できないわけではない
  3. 転職回数の多い人が、転職に成功するための3つの必須条件を知ろう
  4. 転職回数が多いと「自分の市場価値」や「強み・弱み」などを理解できていないといった課題に直面するケースもある
  5. 転職回数が多い場合は自己流での転職は避け、転職エージェントを活用しよう
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カズ

スシマル

最終学歴は「専門学校卒」。3回の転職を経て、年収が700万円アップ。転職の理由は「非エリートな僕は、転職で待遇を少しずつ改善していくしかなかった」。座右の銘は「まずは行動することが大切」。 現在は2社の代表取締役を務める。 →スシマルのプロフィール

-第二新卒・20代の転職入門

Copyright© 転職パイセン , 2022 All Rights Reserved.